富山県鳶土工業協同組合facebook

富山県鳶土工業協同組合とは?

富山県鳶土工業協同組合についてご説明いたします。

組合の概要

組合名 富山県鳶土工業協同組合
所在地 〒930-0108 富山県富山市本郷中部74 呉羽保温工業ビル2階
電話番号 076-436-1821
FAX番号 076-436-1822
設立年月日 昭和49年6月20日
出資金 2,200,000円(1口10,000円)
地区 富山県内
組合員数 82名(平成29年9月現在)

事業内容

  1. とび、土木、コンクリート工事に必要な資材の共同購入
  2. とび、土木、コンクリート工事に必要な重機の設置若しくは斡旋
  3. 組合員の事業に関する土木工事及び附帯工事の受注及び発注
  4. 組合員の事業に関する協定
  5. 組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結
  6. 組合員の事業に関する経営及び技術の改善向上または組合事業に関する知識の普及をはかるための教育及び情報の提供
  7. 組合員の福利厚生に関する事業
  8. 労働保険事務組合としての業務
  9. 全国建設工事業国民健康保険組合としての事業
  10. 前各号の事業に附帯する事業

沿革(協同組合の誕生まで)

昭和21年8月1日夜半から、2日の早朝にかけて米軍の空襲により、当時の富山市の全域が焦土と化し、戦後の復興期に入り、私たちの鳶土工業界も、富山市の都市計画事業に大きな役割を果たしたと自負できます。

その戦後の復興期に、吉野勝四郎氏、森杉政雄氏、美濃利治氏(何れも故人)等を中心として、親睦会としての組織があり、それぞれが活動していました。

昭和34年に、技能検定制度が制定され、これに対応するため、今までの親睦会から、富山市鳶職組合(組合長 吉野勝四郎氏 組合員数16社)が発足、昭和45年10月には、組合員の福利厚生事業として、全国建設工事業国民健康保険組合に加盟し、富山県支部として発足しました。

昭和46年1月には、高岡市内の事業所も加入し、富山県鳶土工業組合(組合長 森杉政雄氏 組合員数36社)に改組、同年3月には、労働保険事務組合の認可を受け、組合員の労災、雇用保険の事務代行業務の取扱いをスタートさせました。

これまでの、組合としての運営は任意団体としての活動であり、公的な法人化を望む声が多く、中小企業団体中央会の指導を受け、各種共同事業の実施を通じて、組合員の経済的、社会的地位向上を図ることを目的とした、中小企業等協同組合法に基づく、富山県鳶土工業協同組合として、昭和49年6月20日に、富山県知事より認可をうけ、スタートしました。

組織図

富山県商工会議所 日本鳶工業連合会 全国建設工事業
国民健康保険組合
富山県中小企業団体中央会
富山県労働保険事務組合連合会
富山県建設産業団体連合会
富山県建設業労働災害防止協会
富山県職業能力開発協会
└────── 富山県鳶土工業協同組合
82事業所
全国建設工事業
国民健康保険組合富山県支部
役員 若鳶会 木遣道

理事長

理事長 大野良博かつてとび職は、現場でのあらゆる土木・建設に対応した知識や技能を有しているのが 当たり前で現場での中心的な役割を担っていました。 昨今の建設業界、特にとび職の人材不足が叫ばれる中、若手技能者の人材育成・確保が 急務となっています。当組合では、資格取得推進のため、定期的に「とび技能検定予備 講習」、「足場の組立て等作業主任者講習」、「職長・安全責任者特別講習」等を開催し、 若手技能者の人材育成に貢献しています。 また平成29年度以降は、社会保険未加入企業は現場入場を認めないとされています。 正しい情報の提供と、保険加入推進活動にも尽力し 今後も建設業界の発展の一翼を担うべく、皆様方のご指導・ご協力のもと邁進する所存 であります。

役員一覧

役職名 氏 名
理 事 長 大野 良博
副理事長 坂本 隆一
副理事長 森杉 嘉和
理  事 黒田 将雄
理  事 髙森 友昭
理  事 前馬 武志
理  事 真木 大輔
理  事 森田 克昌
理  事 山村 寛之
監  事 中嶋 康太